M45

アイドルについてぼちぼち

大舞台に立った「永吉昴」という少女

幕張、もといミリオン3rdお疲れさまでした。LV含め全通できて、心は豊かに 財布は空にという感じです。
…以前彼女の「物語性」に関するものを書いて(http://tooya.hatenablog.com/entry/2016/02/22/225643)、まあ読んでいただければわかるのですが、ライブ前は彼女の未来、方向性についてかなり不安に思っている部分がありました(※今もそれが消えたわけではないです。しかしこれは3年間で凝り固まってしまった自分の永吉昴像が否定されることに怯える気持ちからで、仕方のないことだと気付きました)。ライブというのはやはりもの凄い力を持っているもので、幕張メッセで私は永吉昴に対する一つの答えを見た気がしました。
…前置きが長くなってしまってすみません。つらつらと書いていこうと思います


ビギナーズ☆ストライクという曲
試聴↓
LTP13で初出、満を持して登場した永吉昴の一曲目のソロ。LTP13の中でも重要な意味をもつこの曲は、当時昴Pにも、またそれ以外のPにも大きな衝撃を与えたことと思います。
なんせあの「ボーイッシュ」で、「Da属性」で、「野球少年」な彼女の初ソロは「かっとばせー!」な曲でもダンサブルなものでもなく「野球少年に恋をする、普通の女の子のかわいらしいラブソング」だったのですからね。これはいわゆるキャラクターソング(同じ昴のDAYや琴葉のホントウノワタシなど)ではなく、「完全な"アイドル"ソング」として世に送り出されました。

永吉昴が抱く、目指すアイドル像
3年経った今でも昴はこの曲を歌うことに対して悩みを抱えているように思います。その姿こそが、私が一番昴のことを昴だと感じる姿なんですね。
彼女の趣味としても挙げられる(自己申告)「アイドル」というものは、趣味であると同時に目標でもあります。今の永吉昴の肩書きは「765プロダクション所属のアイドル」ですが、それとは別の、もっと本質的なものを求めているように思います。キラキラしてて、ひらひらのお洋服が似合って、体は甘いものでできていて、なによりかわいくて。ビギナーズ☆ストライクは「いずれそんなアイドルになれればいいな」と漠然(※1)と765プロに入った、そんな昴にいきなり、それも豪速球で思い切りぶつけられたアイドル力全開の曲でした。
自分に突然投げかけられた、憧れだったアイドルそのものを体現したかのような曲。それに見合う自分になれるのか、お客さんはこの曲を歌う自分を見てどう感じるのか。昴にとっては考えれば考えるほど不安ばかりで、ある意味では等身大の気持ちが歌詞に乗せられているDAYよりもずっとずっと歌うのが大変なんですよね。

大舞台に立つということ
リリースイベント等でも一度も披露することのなかったこの曲。幕張メッセという大きな舞台に立ち、1人で歌い切らなければいけない。これは昴にも、そしてこれを背負う佑圭さんにも相当なプレッシャーだったように思えます。
私は運良くアリーナ最前列でステージを見ることができたのですが(花道挟んですぐ右です。もう二度と無い経験だと思います)昴は堂々とステージに立っていて、しっかりと自分の望む「アイドル像」を表現していました。間奏のセリフでこらえてた涙腺ぶっ壊れたPのみんな〜!?ハーイ✋✋ 
いや、最初の自己紹介から涙腺は壊れてたんですけどもね(大舞台に立ったんだ…ってハッとしてしまった)
見間違いでなければ1番は所々手が震えていて、緊張も武者震いに変えていく昴のかっこよさはここにあるなあとポエミーになってしまいました(なお後に佑圭さんが手汗だって言ってました)
LTP→LTDで昴の歌い方は随分変わっていて、3年の重みを感じるとともに、このステージで3年前のビギナーズ☆ストライクも同時に見られた気がしています。本当にかわいくて、力強くて、それだけじゃなくて、一生懸命で、真摯で、オレはすっごく楽しいよ、って気持ちがいっぱい伝わってきて、思い出してる今も泣きそうです。ただ先人の教えである「泣くときは下を向くな、前を向け」をずっと胸にとどめていたので、2番は無様に泣いてる姿が佑圭さんの目にバッチリだったやもしれません(恐ろしい)。担当がステージに立つってこんなに幸せなことなんだな、こんなに幸せでいいのかな、明日死ぬんじゃないかな、って曲終わりは呆然としてしまいました。ほんとにあの時は目から滝って感じでした。

-しばらく最前の思い出-
でも泣いてしまったのはこの曲だけで(涙腺枯れるくらい泣いた)あとはずっと笑顔で昴のいるステージを楽しめました。いやはや幸せな時間とは過ぎるのが早いなあ…なんて悠長に思っていたらdream scapeで目が合って手振ってもらって死にそうになったり、死んだと思ったらまた39で近くに寄ってくれた時にまた目があって少し止まってにこっと手を振ってくれたり(これは私の時が止まっただけかもしれないです)で…もう…なんか…寿命が縮まりましたね…
終わった後、ライブ特有のオタクの勘違いかな?とほわほわしていたら開演前に席知ってた同僚に「トウヤPに向かって手振ってたよね!」って言われて、逆に勘違いじゃなかったんだなって驚きました。後に佑圭さんのブログにもそんな事が書かれてて、あ、本気のマジで勘違いじゃないんだ…ってなりました。キャパオーバーって感じです。いやまあ左手にすばりうむ4、右手にUG4持ってて自分が1年前着てた服と同じ服着てるデュンヌなんて最前にいたら確かに目立ちますけども…
最前列、というか最前から15列くらいは花道にいるアイドルを後ろから見る事ができるんですね。プラリネとか、トークとかは完全に舞台袖のPの位置でした。すごい。後ろからアイドルが歌うのを見られる経験もなかなかないです…
-思い出おしまい-

デュエット、全体曲と永吉昴
なんか大雑把なタイトルになっちゃいました笑 今までリリイベでのWelcomeしか昴の全体曲は聞いた事がなくて、本当にいっぱい歌ったなあと感慨深いです。
まずはデュエット。初出演の2人とは思えないほど完成度が高くて、いっぱい練習したんだなあと思ってぐっときました。昴ものり子もまだ「かわいい」を表現することに自信がなくて、しかしそれを預けあった2人がためらいをバイクの風で振り切るような素敵なメロディが心に沁みた(これからさらに沁みる予定)!

全体曲は、本当、本当、同じ歩幅でいてくれて本当に39の部分を昴が歌うのを生で聴けたのが本当に嬉しかったです。全体曲2曲の前に挟まったりしてたMCも、ずっと昴が佑圭さんと一緒にいるみたいで、私だって帰りたくないよぉぉと思ってリウムを折りました(早漏)
Shooting starsもマリオネットの心もかっこよくて、昴ソロにカッコイイ系を持ってかなかった埋め合わせなのか!?と疑ってしまいました笑 次のCDで来るといいなあ。任侠お嬢に選ばれれば叶うかもしれない(よろしくお願いします)
マリオネットの心はイントロの瞬間は昴が美希や翼に取り込まれないか心配な部分もありました。圧倒的カリスマを持つViの2人に対して、迷いも多く、かといって特別能力があるわけでない昴。わたしは翼や美希と絡むたびにビクビクしてましたが、めちゃめちゃかっこ良かったです。真剣な顔の佑圭さん超良かった。やばい。視線で抱かれた(違う曲)自分の担当アイドルなのに、いままでとんでもなく失礼な心配をしていたなと思いました。

おわりに
圧縮ファイルにすると「永吉昴はいいぞ.zip」になってしまうんですが、ここまで読んでくれたってことはちゃんと解凍してくれたんですね!?ありがとうございます。いや〜、担当がステージにいるだけでこんなにも景色が変わるとは思いませんでしたね。途中からずっとライブの主観的な感想に逸れてしまってすみません。
そういえば話し忘れてたけど、やっとライブでお揃いの衣装着られたね!とっても嬉しかったです!!!
f:id:Tooya:20160424032802j:image
f:id:Tooya:20160424032634j:image
あぁ〜^マイユニ〜^なんてのもできる。ありがとうミリオンライブ!BMD走ります!(チャリンチャリーン)

3rdライブは私にとっても昴にとっても、大きな成長の場であったことでしょう。武道館でビギナーズ☆ストライクはどう変わるのか、それとも2年越しのDAYを聴けるのか。現地チケットご用意されるために必死で副業こなさなければ(震)
フラスタも立てる予定だったりするので、良ければチェックしてみてくださいな。なんせ来年でまだ何も決まってないんですけども。(http://twipla.jp/events/197379)
ではではこの辺で。


2.22の私へ、昴の物語はこれからもずっと私のそばで進んでいくんだと思うよ!
@TooyaP 2016.4.24


-注-
※1きっかけとしては親に勧められたのもありますが、彼女はそれだけで何かを決めるような人間ではない(主観)ので、これは確実に憧れを叶える自分としての一歩だと思います。

ミリオンライブの覚え書き

まわりのSideMPが布教に応じて最近ミリオンライブを始めてくれたのですが「曲もキャラも好きなのに、何をしたらいいのかわからない」と言って触らなくなってしまうパターンが多くて「まあそうだよな」と思ったので、少しミリオンライブそのものや、やり方、貯蓄などについて書いてみることにしました。趣旨の都合上SideMP向けの解説もありますが、ミリオンが初だよ!って方も大丈夫なように書こうと思います。
……前置きはこのくらいにして順々に説明しますね!

初歩編
ミリオンライブではアイマスシリーズお馴染みの13人+オリジナルアイドル37人をプロデュースできまして、前者はAS組、後者はシアター組なんて呼ばれています。
「50人!?なんかいっぱいいてよく分からない!」
ですよね。

そんなあなたに開いてほしいのが「アイドル一覧」。メニュータブの

f:id:Tooya:20160218195355j:image

ここから開けます。SideMでいうアイドルファイルですね。

f:id:Tooya:20160218194654j:image

するとこんな感じになっています。ミリオンライブのすごいところは一覧から自己紹介のボイスが聴けるところです。見た目が気になる子からでいいので、是非是非全員分聞いてみてください。私はそれで今の担当に落ちました。

あっこの子ヤバいなと思ったら詳細をタップしてみてください。

f:id:Tooya:20160218200654j:image

スクロールするとプロフィールやボイスなどが閲覧できます。ボイスは初めから豊富すぎるほど豊富です。怖いくらいに種類があります。
……もしかしてこのへんチュートリアルでやりました?ユニット編成はさっきのメニュータブでアイドル一覧の左にあるので、気になった子をぱしぱし編成しちゃってください。親愛度がたまると新たなボイスが解放されたりしますよ!

劇場編
一番わかんないって文句言われるのがここです。しかし、劇場ポイントはチリも積もればなんとやらで、後々効いてきます。
f:id:Tooya:20160318213223p:image
こんな感じで土曜日に50ptでアイテムと交換できます。他にも称号や背景など諸々です。
しかし、普通にメンバーをセットしてライブ開催ボタンを押すと一回1ptしか入りません。
f:id:Tooya:20160318212853j:image
ちょっと前のスクショなんですが、オススメアイドルって出てるマークが見えるでしょうか。基本的にその時やっているイベントのカードが対象です。
f:id:Tooya:20160318213519j:image
HNという入手難易度の低いカードにもボーナスが付くので是非おためしあれ!開催間隔が調整できたり、名刺で遊んだり最近はけっこう便利になりました。
カードセットしたらボタン押すだけです。慣れたらものすごい楽な貯蓄です。

合同フェス編

営業エリア多すぎて完走できないよーって方も多いと思いますが、別に無理して完走する必要も無いです。ゆっくり自然回復でどうぞ!

(ここからは普段のBP溜めってどうやるの?っていう、ミリオンちょっと進めたよ、担当もできたしイベの用意がしたいよってP向けです。)

通常営業を歩いてると合同フェスってのが出てきます。ミリオンにおける貯蓄はそれを

f:id:Tooya:20160319234845j:image

こんなかんじでネチネチ倒す作業です。SideMのバー溜めは回数をこなしますが、ミリオンはできるだけたくさん殴るのが大切です。

f:id:Tooya:20160319234944j:image

RはHNなど適当に弱いカードでデッキを作っておくと楽です。

f:id:Tooya:20160319235024j:image

倒すと使用したBP分だけフェスくじ券がもらえます。

f:id:Tooya:20160319235319j:image

フェスくじ10枚の結果はこんな感じ。誤差はありますがだいたい半分くらいが青飴になります。

・毎日の自然回復

・絆イベで余った緑飴(イベント限定飴のこと)

で殴ると貯蓄が増えていくという寸法ですね。絆イベとはフェスイベ、つまり流れてくる合同フェスをバンバン殴るやつなんですが、目安としてはシアターくじを一箱引ききったくらいで貯蓄に移行して構いません。シアターくじの一箱目は簡単に引き切れる割に美味しいです。SideMと違いアイテム欄に直接付与です。HNは小鳥さんなどのカードはプレボの中でレッスンptにしてしまいましょう。他、日替わりミッション(パネミのpt版)クリア分くらいは残しておいてもいいかもしれません。


簡単に書きすぎました。ここわかんないよ、という新規Pさんも何間違ったこと教えてんだよ、という先輩Pさんもお気軽にリプ、コメントくださって大丈夫なのでよろしくお願いします。


みんなちゃんと見てろよ〜2016年はミリオンライブの年になるんだからな!

SideM WD2016 手紙/ブロマイドまとめ

☆ハッピーホワイトデー☆
jupiter

天ヶ瀬冬馬

f:id:Tooya:20160308193422j:imagef:id:Tooya:20160308193423j:image
御手洗翔太
f:id:Tooya:20160308193438j:imagef:id:Tooya:20160308193441j:image
f:id:Tooya:20160308193454j:imagef:id:Tooya:20160308193457j:image

DRAMATIC STARS
天道輝
f:id:Tooya:20160308194039j:imagef:id:Tooya:20160308215349j:image
桜庭薫
f:id:Tooya:20160308215421j:imagef:id:Tooya:20160308205139j:image
柏木翼
f:id:Tooya:20160308205212j:imagef:id:Tooya:20160308205146j:image

Altessimo
都築圭
f:id:Tooya:20160308194817j:imagef:id:Tooya:20160308194820j:image
神楽麗
f:id:Tooya:20160308194851j:imagef:id:Tooya:20160308194852j:image

Beit
鷹城恭二
f:id:Tooya:20160308195650j:imagef:id:Tooya:20160308195653j:image
ピエール
f:id:Tooya:20160308200219j:imagef:id:Tooya:20160308200225j:image
渡辺みのり
f:id:Tooya:20160308195713j:imagef:id:Tooya:20160308195735j:image

W
蒼井悠介
f:id:Tooya:20160308200253j:imagef:id:Tooya:20160308200242j:image
蒼井享介
f:id:Tooya:20160308200308j:imagef:id:Tooya:20160308200310j:image

FRAME
握野英雄
f:id:Tooya:20160308200454j:imagef:id:Tooya:20160308200502j:image
f:id:Tooya:20160308200509j:imagef:id:Tooya:20160308200517j:image
信玄誠司
f:id:Tooya:20160308200530j:imagef:id:Tooya:20160308200536j:image

猫柳キリオ
f:id:Tooya:20160308201001j:imagef:id:Tooya:20160308201008j:image
華村翔真
f:id:Tooya:20160308201017j:imagef:id:Tooya:20160308201023j:image
清澄九郎
f:id:Tooya:20160308200934j:imagef:id:Tooya:20160308201033j:image

High×Joker
秋山隼人
f:id:Tooya:20160308202049j:imagef:id:Tooya:20160308202059j:image
冬美旬
f:id:Tooya:20160308201623j:imagef:id:Tooya:20160308201629j:image
榊夏来
f:id:Tooya:20160308201643j:imagef:id:Tooya:20160308201650j:image
若里春名
f:id:Tooya:20160308202106j:imagef:id:Tooya:20160308201659j:image
伊瀬谷四季
f:id:Tooya:20160308201708j:imagef:id:Tooya:20160308202045j:image

神速一魂
紅井朱雀
f:id:Tooya:20160308202251j:imagef:id:Tooya:20160308202302j:image
黒野玄武
f:id:Tooya:20160308202311j:imagef:id:Tooya:20160308202320j:image

Cafe Parade
神谷幸広
f:id:Tooya:20160308203049j:imagef:id:Tooya:20160308203057j:image
東雲荘一郎
f:id:Tooya:20160308203107j:imagef:id:Tooya:20160308203116j:image
アスラン=BB Ⅱ世
f:id:Tooya:20160308203125j:imagef:id:Tooya:20160308203140j:image
卯月巻緒
f:id:Tooya:20160308203233j:imagef:id:Tooya:20160308203132j:image
水嶋咲
f:id:Tooya:20160308203208j:imagef:id:Tooya:20160308203219j:image

もふもふえん
岡村直央
f:id:Tooya:20160308203553j:imagef:id:Tooya:20160308203600j:image
橘志狼
f:id:Tooya:20160308203610j:imagef:id:Tooya:20160308203617j:image
姫野かのん
f:id:Tooya:20160308203625j:imagef:id:Tooya:20160308203630j:image

S.E.M
硲道夫
f:id:Tooya:20160308203720j:imagef:id:Tooya:20160308203732j:image
舞田類
f:id:Tooya:20160308203808j:imagef:id:Tooya:20160308203820j:image
山下次郎
f:id:Tooya:20160308203755j:imagef:id:Tooya:20160308203831j:image

虎牙道
大河タケル
f:id:Tooya:20160308204225j:imagef:id:Tooya:20160308204410j:image
円城寺道流
f:id:Tooya:20160308204007j:imagef:id:Tooya:20160308204018j:image
牙崎漣
f:id:Tooya:20160308204015j:imagef:id:Tooya:20160308204031j:image

F-LAGS
f:id:Tooya:20160308204836j:imagef:id:Tooya:20160308204604j:image
兜大吾
f:id:Tooya:20160308204839j:imagef:id:Tooya:20160308204633j:image
九十九一希
f:id:Tooya:20160308204847j:imagef:id:Tooya:20160308204624j:image

みんなサイコー!

永吉昴の「物語性」について

なんか強そうなタイトルつけたんですけど、だいたい永吉昴とミリオンライブとソシャゲについての文字しかないグダグダな話です

……ついに曲名SR1枚目が出ましたね。そろそろ来るだろうとは思っていたけど、衣装もすごい可愛くて、覚醒前私服は絶妙にダサくてという非常に安心感のあるカード。…今絶妙にって言いましたけどすごい…アレですよね?も〜〜ほんと昴ちゃんはかわいいなあ…何がアレかって、中途半端な丈のレギンスだよレギンス。即売会のオタク女かよ。なんであの丈のズボンの下に。上は七分袖なのに。せっかくヒップ78なんだから普通にスキニーとか履こ?服選びたいから一緒に買い物行かせてほしい、試着室の昴を待つ時間すら私は楽しいからさあ〜〜〜……

……彼女の私服については他のカードについても言いたいことが死ぬほどあるんだけど、話がそれるのでこのくらいにしておきます。
彼女のスタジアムライブカードは二枚目で、1枚目はエキサイティングガール、2枚目は今日のビギナーズ☆ストライクです。色んな人が言ってたし、思ったと思うんですけど、
f:id:Tooya:20160222205454p:imagef:id:Tooya:20160222205453p:image
顔が違う。
そうなんです。間違いなくそうなんですよ。ミリオンライブの絵柄が少しずつ変わっていったのとはまた違う変化が彼女には起こってるんですよ。昴Pはもちろん、そうじゃないPも彼女が今まで女性に、そして彼女が憧れているかわいいアイドルという存在に近づいてきていたことは気づいていたと思います。私たちがかわいいと思うから、ではなく彼女の憧れ、そして夢に近づいたと考えられるカードになったと思えるので本当になによりなんですけど……なによりなんですけど、そうやって夢に近づいていくカードを見るたびに私の頭には「これから彼女はどうなるの?」という考えが過ぎります。プロデュースしているはずなのに、全く先が見えなくて、私自身昴がこれからどうなってほしいのか分からないんですよ。twitterでは常々抱かれたいだの一度でいいからビンタしてほしいだのフられたいだの散々なこと言ってますが……まあかわいい昴もかっこいい昴も大好きで仕方ないんです。

なんでそんなに未来が心配かって、私は昴のことを「成長」をテーマに描かれてきたキャラクターだと思ってるからです。LTP13、そしてチョコのときのエピソード、DAY。ボーイッシュで底抜けな元気少女に見えて、実は劣等感を感じやすくて、かわいくなりたいという単純な気持ちに素直になれない女の子だった永吉昴()がアイドルという職業()を通して自分と向き合い、プロデューサーと向き合い()、彼女らしいアイドルの形を見出していく()。そんなしっかりした物語が永吉昴にはあります。私は特にチョコのアイエピが結に向かうきっかけだったと感じています。
起承転結のある物語。私が今までプロデュースしてきて、わくわくして、これからがとっても楽しみで、たまらない!と一番思った時期は転くらいの頃でしたかね。でもこれは当たり前だと思っています、物語に設定する山場ですから。チョコを走って、アイエピを見て、かわいさに悶え死んだ日は昨日のようにはっきり覚えています。15歳という年齢でデビューからここまで駆け抜けてきたんだなあとしみじみしました。1年以上経つんですね、あれから……そう、今日ビギナーズ☆ストライクが出るまでの1年もの間、昴の物語はあそこから止まったままでした。
正直RPG2の前に昴の枠が空いたとき、やっと物語が進むと思ったんです。よーしやっと!もう何ヶ月待ったと思ってるんだ!と。そんな予想に反してアイエピはドラマ自体に対する昴の意識についての話でした。彼女のしたたかさや優しさを感じられて私は好きですが、物語が進んだかと言えばそうではなくて。でも、多分そうするしかなかったんです。だってもう彼女の物語は結に差し掛かっていて、むしろ今は結の状態を見守っていると言ったほうが正しいくらいなんだから、進めようがないんです。それがものすごいもどかしいんです。私は彼女のプロデューサーのはずなのに、今までのようにお互い支え支えられ、成長するという強いドラマ性が失われ、見守ることしかできないのが。もちろん後ろで見守るというのもプロデュースの一つの形ですし、何も昴は一人で立っているわけじゃなく私のことを大事に思ってくれているのは分かっているんです。……親心にちょっと似ているかもしれませんね。

彼女の「物語」はソシャゲとの相性がとても悪いように感じます。たとえば私は偶然サービスが始まったころから彼女をリアルタイムで追いかけて来られたけれど、たった今永吉昴を好きになってくれたプロデューサーがいたとして、私と同じ体験をすることは一生できません。それってすごい勿体無いと思うんですよ。コンシューマーなら万人が同じ条件でプレイできるうえ、成長という物語も綺麗に片付きます。そのうえでのアフターストーリーとしてソシャゲに進出する、言わばあの秋月涼のような展開だったなら、と考えてしまうんです。AS組のプロデューサーも、彼女らが今度は先輩としての成長を見せつつ、コンシューマのアフターストーリーとして楽しんでいるPが多いのかな?と思っています。他の成長を見せているアイドルのPとも話してみたいなあ…

時間が動かない、それはある意味で安心かもしれません。実際SideMの方で担当している天ヶ瀬冬馬はそうです。変わらないかっこよさを魅せ続ける彼はいつも素晴らしくて、良い感じの燃料を定期的に投下されて満足しています。フォロワに一回話したけどこれなんか老後感あるんですよね。jupiterは孫(?)(?)

やっぱり今まで動いていたから、止まってしまうのが悲しいという贅沢な悩みなんです、これは。ミリオンはテキストが多いので余計にそう感じるのかもしれません。
ビギナーズ☆ストライクは「プロデュ-サ-、不思議だよ。マウンドからの景色、見慣れてるハズなのに…全然違って、ドキドキする。…照れるけど、気持ちこめて歌うな!」のテキストだけで充分満足です。結の中での成長を感じました。あと個人的な話をすればプロデューサーへの恋心に似た感情を露出してないところがめちゃめちゃ花マルです。絶対アイドル愛・N・G、昴はみんなのものだから…
…すごいわがままを言えば、動き続けるのも怖いんです。ビギナーズ☆ストライクのテキスト、絵も相まって15歳の範疇を超えてしまっているように思えるんです。いっそ世界を一年進めてほしい。彼女を止まらせたいのか、止まらせたくないのかはっきりしてほしいんです…

支離滅裂になってきました。自分でも収集がつかなくて困ってます。うーん、昴に描かれた物語は大好きですし、終わってほしくないんです。この想いが作品に昇華できたらいいんですけどね…ちょっと無理そうなのでここに起こしました。もしここまでお付き合いしてくれた人がいたならありがとうございます、グダグダですみません。

そして幕張1日目終わったあとの自分がこれを読み返して何を思うのかが楽しみです。ポジティブな感情でありますように。2016.2.22 @TooyaP